生活保護切り下げに反対する実行委員会 

連続座談会第11弾        

 

 アジアの女性労働と貧困

 

-大学の有期雇用問題から考える

 

 

日時:2011年5月8日(日)午後2~4時 

場所:ふるさとの家(西成区萩之茶屋3-1-10)

講師:嶋田ミカさん  (龍谷大学雇い止め事件原告)

 


 

 最近、多くの大学で「高学歴ワーキングプア」と称される非正規の教員が増加し、有期雇用や「雇い止め」が横行しています。しかし、ほとんどの人が次の就職などを考え、泣き寝入りせざるを得ないでいます。龍谷大学特別任用教員助手の嶋田ミカさんは、2010年3月、「雇い止め」を通告されました。嶋田さんは2007年4月に経済学部サービス・ラーニング・センターに3年契約(1回更新可)の助手として採用されましたが、大学当局から何らの理由も明らかにされることなく、単に「期間終了」というのみで解雇されました。嶋田さんは、龍谷大学教職員組合を通じて大学当局と交渉を続けてきましたが、大学当局の態度は全く変わりませんでした。嶋田さんは今回の雇い止めは、あまりに理不尽であると考え、京都地方裁判所に提訴することにしました。

 嶋田さんは途上国の、特に女性の貧困問題の研究を続け、インドネシアの貧困女性を対象にマイクロ・クレジットを供与する活動も続けています(裏に原稿「女性の貧困の連鎖―雇い止めとマイクロクレジット」)。途上国の貧困は依然として深刻ですが、経済的なグローバル化の中、日本の大学の雇用問題についても貧困やワーキングプアの問題が押し寄せてきています。それらを別々に考えるのではなく、途上国と先進国の人々が互いの違いを理解しながら、共に問題に取り組むことがあらためて求められています。

今回の座談会では、「大学における有期雇用問題・龍谷大学雇い止め事件」について、そして「アジアにおける労働力の女性化」として、・現代の奴隷制-海外出稼ぎ女性の実情、・稼ぎ手化する女性たち、・来日看護士介護福祉士をめぐる諸問題、・「ホームレス」と「物乞い」など、日本とアジアの女性の労働と貧困をめぐる様々な問題について話し合っていきたいと思います。

 

 

★託児・筆談の必要な方は事前にご相談ください。cex38711@syd.odn.ne.jp

★ふるさとの家への行き方

JR大阪環状線新今宮駅東改札を出て右折→交差点を南(作業着量販店側)に渡って右折→西向きに歩いて線路を横切る→ローソンの前の道(銀座通り)を左折→右手に西成警察を見ながら南下→左手に消防署→そのすぐ南の建物       

 

             当日連絡先:09087959499(野宿者ネットワーク

             主催:生活保護切り下げに反対する実行委員会