第4回裁判のお知らせと傍聴のお願い

 

 これまでの3回の裁判には、多くの皆さまにおいでいただき、ありがとうございました。

 早いもので、年が明けてから一ヶ月が経ちました。新しい年には、なにかしらの期待や希望を抱くものです。嶋田ミカさんにも明るい年になるよう、「求める会」事務担当も微力ながら努力いたしますので、今年もご支援くださいますようお願いいたします。

 いよいよ第4回目の裁判が近づいてきました。2月10日(木)に、第4回目の裁判が下記のように開かれます。今回も準備書面のやりとりなど、15分ほどで終わる予定ですが、裁判に多くの人が注目していることを示すためにも、傍聴に来ていただきますようお願いします。

 

傍聴に来ていただける方は このメールへ返信してくださるか、事務局Fax06-7492-7166へ連絡してください。このホームページからもお申し込みいただけます。

なお、当日1310分から同じく京都地裁で京大非常勤職員雇い止め事件の結審がありますので、併せてご案内します。

 

《第4回裁判》

日時:210日(木)11時から15分程度

場所:京都地方裁判所208号法廷

 

《裁判後の集会》

日時:裁判終了後、11時半ころから50分程度

場所:京都弁護士会館大会議室2・3(地裁の東隣)

内容:・弁護団から裁判のポイント解説

   ・京都精華大学嘱託教職員組合SocoSoco山家悠平さんの話

 山家さんは京都精華大学の助手が3年で雇い止めされることに抗議するため自らが1週間ハンガーストライキを行いました。その純粋に身体を張って真っ向から大学に闘いを挑む姿は、精華の学生の心を動かしました。Socosoco設立やハンストについてお話いただきます。

Socosocoについて詳細はhttp://d.hatena.ne.jp/soco-soco/

をご覧ください。


≪連絡事項≫

*人数確認のため、お手数ですが下記の事項をご記入の上、下のフォームかメールまたはFAXにて(火)ころまでにご連絡をいただけると幸いです。

【メールでのご連絡方法】
件名を「傍聴」として s.koyokeizoku@gmail.comへ送信してください。
【下のフォームをご利用の方】
お名前とメールアドレスを書いていただき、メッセージ欄に下記の必要事項をご記入の上、送信してください。
Faxでの申し込みの方】
FAX番号は
06-7492-7166です。

《記入事項》
人数(グループで参加の方は上記お名前欄に代表者名をお書きください。):



メールアドレス(送信元と同じ場合は省略可):                   

参加されるのは                     

(傍聴と集会、傍聴のみ、集会のみの区別を書いてください。)

 

*裁判傍聴の方へ

裁判を傍聴される方は、208号法廷前にお集まりください。208号法廷の定員は39人です。傍聴人多数の場合、傍聴券は10分前から先着順に配布されます。京都地裁は京都市中京区菊屋町。地下鉄丸太町駅1・3・5番出口から徒歩5分です。

*集会のみの参加も可能です。集会に参加の方は、直接、弁護士会館大会議室2・3へお越しください。

京都地方裁判所京都弁護士会館(弁護士会)の地図です。(クリックすると場所が表示されます。)